姫路商工会議所

 

 第1部は、「突然やってくるトラブル、今各地で起きている労務問題」と題し、実際に起きている労務問題を取り上げ、個別労働紛争に介入できる「特定社会保険労務士」ならではの切り口で、労働組合とのやりとりも紹介しました。インターネットの普及が労働者に知識を植えつけているため、一人でも人を雇用すると労務問題は起こると警鐘を鳴らし、実状をお聴きいただきました。

 「労働者を守る法律はあっても、経営者を守る法律はどこにもない」では、労働者の権利は憲法にあり、経営者を守る法律はどこにもなく、守ってくれるのは就業規則であることをお話ししました。

 不当解雇と訴えられても負けない手法や、残業代の不当請求から会社を守る方法、労働条件の不利益変更にならない就業規則の改正等、皆さん熱心にメモを取っておられました。

 現在の会社の就業規則ではとても不安、早速見直しが必要だと受講者の皆さんが感じられたようです。

 

 第2部では、「大恐慌の今こそ、ピンチをチャンスに変えるための5ヶ条」と題し、安易な整理解雇は会社倒産の第一歩であると、整理解雇について説明しました。実践にもとづいた興味深い内容と、現在の世情によるためか、皆さん真剣に聞き入っておられました。大企業が採用をセーブしている今こそ人財獲得のチャンス!この時期経営者として「やるべきこと」と「やってはいけないこと」もお話ししました。

 また、「知恵を絞り出した企業には明るい未来が待っている」と題し、中小企業を支援する助成金活用のポイントも説明しました。

 「今企業がしなければならないこと」では、この不況時に私達企業はどうすればよいかをひもとき、元気になる秘訣もお伝えしました。皆さんに勇気とヒントを持って帰っていただけたと思います。

 

問題が起こってからでは遅すぎます!!

 

 今まで開催したセミナーを通じてご相談を受けた社長様の依頼で、実際に労働組合との団体交渉にも出席し、ユニオン等の労務問題にも真正面から取り組んできました。

 大不況といわれる現在、経営者の厳しい道を歩んでおられる皆様に、これ以上苦しんでほしくないという私の想いは、セミナーに参加いただいた方に伝わったことと思います。問題が起こってからでは遅いのです。問題が起きる前に事前に準備をしていれば、80%の問題は既に解決しています。気づかれた方は、鐘を鳴らしてください。(実行してください。)

   
   

参加者様の声 一部抜粋 (クリックすると画像拡大します。)

 
 

 U社 代表取締役様

 

 R社 代表取締役様

 
 
 

 S社 専務取締役様

 

 N社 取締役様