平成23年7月21日(木) 西脇商工会議所 経営労務対策セミナー

 

 会社を守り、成長・発展させる 最強・最適の就業規則

 

 1.突然起こったトラブル

   就業規則の不備がもたらす問題とは?

   (大阪の会社での事例より)

 

 2.何故、就業規則が会社にとって重要なのか?

   安易な規定は命取りになりかねません。

   (配置転換,休職,年次有給休暇,特別休暇,給与

   ・手当の規定より)

 

 3.会社を守る就業規則の必要性

   就業規則見直し緊急度チェック

 

 4.最強・最適の就業規則は本当に会社を守れるのか?

 

 5.良き社員と後継者を守る、オリジナルの最強・最適

   の就業規則があなたの会社を永続・発展させる

 

 

 7月21日(木)西脇商工会議所様にお招きいただき、上記テーマでセミナーをさせて頂きました。西脇商工会議所様が就業規則をテーマに選ばれたのは、会員様から就業規則や労務問題の相談が多く、会員様に就業規則についてもっと知って欲しいと思われたからだそうです。そこで、商工会、商工会議所でのセミナー実績が多い私に講師を依頼されました。

 

 私は、開業以来24年間「社長を守り、会社を守る」社会保険労務士として、顧問先企業の問題に取り組み研究し続けてきました。その経験を生かし、セミナーでは、実際にあった問題を交えて少しでも分かりやすく伝えたいという想いでお話し致しました。少しでも参加された皆様のお役にたてば幸いです。

 

 

 中小企業においては、「ひな型就業規則」が大多数であり、さらに法改正の際その見直しを行っていない。突然起こる労務トラブルに対応できず、事業継続が困難になり倒産に。

 規則の不備から生じた多くの事例をあげながら、会社を守る就業規則の必要性をわかりやすく情熱を持ってお話しいただきました。参加者アンケートからは、興味深い話で集中できた。即会社に戻り就業規則を見直してみようと思います等との声があり、たいへん有意義なセミナーとなりました。

 当所では、後日、大砂先生による個別指導会を実施します。

 

西脇商工会議所事務局長 時政 良光様

 

 

ご参加者からのアンケートより  .

 

※クリックすると拡大表示されます。