≪【問題社員の退職・解雇問題 編】≫


C 問題社員の退職・解雇問題 編
  YES NO
1.試用期間中で辞めてもらいたい社員がいる。

2.試用期間中ならいつでも解雇、退職させられると思っている。

3.問題行動や業務命令違反があり退職させたい社員がいる。

4.業務に対する適正、能力に欠ける社員に辞めてもらいたい。

5.懲戒規程が独立しておらず、就業規則の1部に1〜2ページ記載しているだけである。

6.服務規定(服務規律)の条文が10以下である。

7.欠勤が続く社員に退職してもらいたいが(助成金を受給しているので)解雇にはしたくない。

8.退職を申し出た翌日から、退職日まで残りの有給休暇を全部使って引き継ぎもしない自分勝手な社員に困ったことがある。

       


この画面を閉じる