作成規程一覧

 

実戦型就業規則作成のメリット

 〜リスクを想定し裁判例を研究しながら改良を重ねて作成

       最新の労基法改正や新型インフルエンザ、裁判員制度にも対応〜

 

 法律では定められていないところのル−ルを具体的に明文化することで・・・

 @会社を守るための「リスク管理」を行う

 Aやる気のある社員を問題社員から守る

 B社員の「安心」を満たし、そのうえで「やる気」に火をつけ業績アップをする

 

 

基本規程

社内規程の中でも必ず作成しておかなければならない規程です。

 

・就業規則

・給与規程

・育児・介護休業規程

 

 

非常勤社員規程

正社員以外の従業員を雇用しているのであれば必要な規程です。

作成しておかなければ正社員の規程が適用されてしまいます。

 

・パート社員就業規則、給与規程

・契約社員就業規則、給与規程

・嘱託社員就業規則、給与規程

 

 

 

簡易版 各種社内規程

 

 社内規程は、会社が組織的に運営されるために必要なルールを明文化したもので、秩序ある組織とするために重要な規程です。就業規則全体を見直すのは大変・・・と思われている方も、気になる部分を見直し、まずは社内規程を整備することから始められてはいかがでしょうか。

 

職場規律関係規程

服務規律とは、就業規則で定める日常の業務にかかわるルールです。懲戒とは、社員の不正・不当な行為に対して、制裁を与えるために会社が規定するルールです。どちらも暗黙のルールというのは通用しません。法律違反をしていなかったら罰せられることがないのと同じように、就業規則に規定がないと、会社は社員を処分することはできません。事業の円滑な運営を維持するための規程が、この職場規律関係規程です。

 

・服務規程(誓約書付き)

・懲戒規程(書式付き)

・メンタルヘルス規程

・ハラスメント規程

 

勤怠管理関係規程

近年、長時間労働による過労死やうつ病などの問題が増加しています。会社は、社員が労働によって健康を害さないように、 労働時間などの労働条件や労働環境を整備する義務があります。そのため、残業を軽減するための運用方法などを見直し、社員全員が安心して働ける環境を作る規程が、この勤怠管理関係規程です。

 

・残業管理規程(書式付き)

・管理宿日直規程

・休職規程

 

 

車両関係規程

社員が、勤務中や通勤中に事故を起こすと、原則、会社に責任が生じます。それに加えて、社有車の場合、社員が私用で利用していても会社に責任が及ぶ場合もあります。自動車の運転に、事故の問題はつきものです。また、社員の過失による事故でも会社への大きな補償問題に発展することもあります。会社として、このリスクを回避・軽減するための規程が、この車両関係規程です。

 

・マイカー通勤規程

・マイカー業務使用規程

・社有車管理規程

※各規程許可申請書付き

 

その他規程

社内規程は、一般的な雛形で対応されている会社が多いですが、社内の実情を踏まえて個別に作成しておかなければ、運用できません。そのため、会社が運用する制度などは規程として作成し、管理する社長様や担当者と、利用する社員の両方が明確に分かるように、それぞれのルールをきちんと定めることで、円満経営につながります。

 

・出張旅費規程

・慶弔規程

・各種協定書

・各種書式